タルはタルを殺さないZ

FF11蛇鯖で活動しているDongriの電波日記。 ヴァナでの活動からリアルまで無修正で垂れ流し。異色の闘病者。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

訃報

田舎のじいちゃんが交通事故で即死。

一体誰がデスノートに名前を書いたというのだろうか。

訃報を聞いたとき不謹慎極まりないけども、そんな事を思ってしまった。

俺達の日常はおそらく世界でもトップクラスの平和っぷりだろうけど、

「死」という隣人も一緒に暮らしているんだよなぁ。

それは本当に突然やってくるから質が悪い。

みんなも親しい人達と

常日頃から一緒に居れるありがたみってのを確認しないといけないぜ?

家族や友人は勿論、このゲームで知り合った人だって含まれてるからな。

例えば「最近、こーじさん見ないね。」「あ、じりさん知らないの?こーじさん死んじゃったんだぜ?」

「えええーーー?何で?」

「この寒さの中、全裸でうろついて凍死だってさ。」

とか、死因は何であろうとやっぱ悲しいものがあるよね?色々な意味でw


嬉しい知らせも一つ。

弟(エロゲ担当)が大学に合格しました。何だかんだで兄としてはホっとしたところ

ウチは俺、妹、弟の3兄弟なのですが

弟には全く笑いのセンスが無いんですよ。

妹>>>>俺>>>>越えられない壁>>>>>>弟
           ↑
       こんな感じマジで。

大学に行ってもそのギャグセンスの無さだと、恐らく友人ができないだろうと心配する俺と妹。

しかしながら先日、そんな心配を払拭する会話がありました。

それは弟の部屋でたまたま漫画読んでた時の事。

弟「お兄ちゃんちょっとどいて」

どんgr「ん?どこいくの?」

弟「トイレ」

どんgr「駄目だな」

弟「いやマジで;;;」

どんgr「んじゃ、トイレに行きたい今の気持ちをミスチル風に俺に伝えろ。」

弟「とどま~る事を知らな~い;;;」

どんgr「テラクロスロードwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

弟「少しくらいは~みだっしたって良いさ~」

どんgr「夢描いて来いよwwwww」

あの一瞬であそこまでの受け答えができるとは・・・我が弟の成長をこの眼で確かめました。

ひよっこだと思っていたが・・・なかなかどうしてやりおるワイ。


じいちゃん、俺達ちゃんと生きてるぜ。



スポンサーサイト

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/02/12(火) 19:33:34|
  2. 私生活
  3. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。