タルはタルを殺さないZ

FF11蛇鯖で活動しているDongriの電波日記。 ヴァナでの活動からリアルまで無修正で垂れ流し。異色の闘病者。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今夜はムギーバックPartII

と、まぁ頑張って続きも更新。

実はこの日が本番です。

べんこが女装クライミングの素晴らしさを教えてくれるというので

もう超ダルかったけどほとんど寝て無い状態で行って来ました。

メンツはどんえるたろりひと

ラーファスの野郎は高所恐怖症だからとか言って来ませんでした。

なんかあいつ昨日も「すみません^^オフ会ダブルヘッダーなんで3次会はいけません^^;」

とか抜かしやがって、相当カチンと来ましたね。

あの野郎誘われるのが当然とか何か勘違いしてるらしいのでここで断言しときますが

自分がこの先何か主催することがあったとしてもアイツを呼ぶ事はありません。


まぁそんな事はさておき、山登りなんですが


リアルアットワ

こちらのジムで登らせて頂きました。

荻窪で降りて環八沿いにあるリアルアットワ。

んで、俺達べんこに「動きやすい格好で来い」っていわれてたにも関わらず

なめた格好で行きまして、とくにらんたろはスラックスみたいなパンツ穿いてましたw

「-」(んじゃ着替えてくる)

いってらー

5分後

カッカッカとヒールの音がしてべんこ登場

黒のタイトスカートに白いブラウスと完全に女教師のいでだち。

「-!」

どんgr「いやいやそんなこと言われても;;」

「-!!!」

たろ「いや別に山をなめてる訳じゃ;;」

どうやらたろの格好がロッククライミングをなめてると思ったらしく

たろはべんこにヒールで踏まれてましたwざまぁww

「-^^」

一同案内されていってみるとこんなんなってました。


やだ・・・なにこれ;;


んで横見ると

見本

あ、でもこれ意外と簡単そうじゃない?

「-!」

え?何?岩の下にテープが張ってあるから、その同じ色のテープの岩だけを使う?

ちょwwwwこれどう考えても届かないんですけど?;;;;;

まぁとりあえず初心者はピンクのテープの張ってある岩を使って登るルートがオヌヌメらしいので

やってみることに。

まぁ一応登れるのは登れるんだけど、これがカナリキツイ!

2~3回登ったらもう腕とかパンパンで握力も無くなってくる。

俺もたろもりひとも頑張ってピンクのテープルートはクリアできました。

ただ一人えるみなさんを除いては・・・・

えるみな「無理だよ;;オイラこんなの無理だよ;;」

りひと「頑張って;;」

えるみな「だって俺FF廃人だもん;;無理だよ;;」

たろ「大丈夫ですって!ピンクの岩なら手も引っ掛けやすいですし。」

えるみな「無理;;;;;;;;;;;;;;」

どんgr「あれ?べんこは?」

たろ「あそこ!」

見るとべんこがヒールを上手に使って、上級者コースっぽいところをクリアしてました。

たろ「おおーべんこすげぇ!」

「-;;」(だめだった;;)

なんで?登れてたじゃん?

「-;;」(登れはしたけどストッキング伝線させてしまった;;)

女装ロッククライミングは奥が深いわぁ・・・

まぁ実際これすげぇ面白い。体はバッキバキになるけど楽しいねこれ。

なんかあーさんの最寄り駅にもあるみたいなんで今度あーさんと二人でいってみるk

べんこ曰く、俺が一番ゼェゼェ言ってだれそうな感じだったらしく

俺が一番はしゃいで登ってたのが意外だったらしい。

まぁホラ、なんでも全力で楽しむ姿勢が人気の秘訣って事で一つよろしくお願いします。


んで、電車で帰ってる間、パルリム君とかも来れば良かったのにって思って

ぱるりむ君の事考えてたらパチンコしたくなってエヴァ打ってきました!

そしたら13連荘くらいしました。

加持さんの全回転とか見れて感動した!!!格納庫も見れたし!

そんでホクホクしながら帰って海活動。

ラブ3連戦でした。AVもガチでやれるようになればいいね。

スポンサーサイト
  1. 2008/09/15(月) 10:20:42|
  2. 私生活
  3. | コメント:2

杯を乾かすと書いて乾杯~今夜はムギーバック~

去年の暮れに突如引退した伝説のシーフVentfort:通称毒猫

どっぷり廃人で誰もがFFサービス終了までインし続けると思われていた彼を

きっぱり引退させる程魅了した 女装ロッククライミング という趣味。

今回の連休を利用して、その素晴らしさを伝えるためわざわざ女装ロッククライミングの本場佐賀から

やってきたので飲みました。 という訳で恒例の登場人物紹介


どんgr 言わずと知れたこの鯖最後の良心 今回は疲れていたので大人しかった。

えるみな 今回の幹事 メイン赤なので髪の色も赤い、でも腹は黒い

毒猫 今回の主役 しばらくみない間にごつくなってた;;

SJK この方と逢うのも、結構な回数になるんでは?SJKのSは紳士のS

おるふぇ 廃人枠から選出。リアルで暗黒AF着てきたと思ったらスーツだったのでちょっと安心

らんたろ 良く見たらDJノリアキに似てる。でも言ったら多分怒るので言えない;;

みにまむ 言わずと知れた姫。今回のボーリングでも破壊的な萌えを魅せつける。

ちゅんた 言わずと知れた女帝。今回の席でも破壊的なSっぷりを魅せつける。

Eホンダ サラリーマンのコスプレで登場かと思ったら働いている事が発覚!時代も変わるものです。

りひと 毒猫コミュから選出。思ってたよりサバサバしておりました。

ラーファス 今回でどんgrコミュからの卒業が決定しています。

以上レリック持ちから太公望持ちまで幅広い廃人を網羅であります。


そんな感じでデュナミス新宿だった訳ですけども、実はもう仕事で疲れてヘトヘトだった訳です。

20時に新宿着いて、同じく仕事から直行してきたオルさんと合流してお店へ。

なんかそのお店「侍」って名前なんだけどさ、ホットペッパーとか見ると

別に普通の居酒屋なんだけどさ、行って見ると(SMAPを愛する店)とか書いてあって

店中の至るところにSMAPの写真が張ってあるのね。

うぁ;;なんだここ;;しかもおれの写真張ってあるし;;とか思ってたらキムタクの写真でした。


「-!」

あぁべんこ久しぶり。なんかお前変わったなw

昔はヒョロっとして眼鏡かけて、「あぁこいつなんか裏で釣りとかしてそう;;」な感じだったのに

今はガッチリしてなんか全然思い出と違うのよね。しかもなんか目の下に傷とかあって

漫画のキャラみたくなってます。

「-。」

あ、やっぱそれ山登ってる時についた傷なんだ?

「-。」

(略:そうそう。山登って上まで上がったときについ付け爪でピってこすちゃった^^)

どうやら女装ロッククライミングは相当危険なスポーツのようです。


んで二次会はボーリングへ。

ここでちゅん様は離脱。

ミニさんの半分ガーターという萌え技を堪能することができました。

んで、まぁ俺がトップだったわけなんだけど、らんたろと賭けして22万ギル勝ちました。

ギル賭けてボクとボーリング勝負したい方、いつでもテル下さい^^;


オルさん「どんgrさんこれ一位の景品です。」

どんgr「え?マジ?何?」

オルさん「アポカリです。」

どんgr「え?」

オルさん「アポカリです。」

馬鹿言ってんじゃねぇよこのFF脳が!アポカリアポカリってそんな訳・・・


あぽ☆かり

本当にアポカリでした;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

んで三次会はまた居酒屋へ。ここはなんか個室もあって、さらにロフトまであるという

完全に始発までダラダラできます仕様のお店。

んでそこでみにさんがさっそく寝ちゃった訳なんですけども

オルさん「どんgrさん今です!あのアポカリをミニに!」

しんさん「リアルカトストロフィ見せるんだ!」

べんこ「-!」

お前ら本当に自分の手を汚すのは嫌がるのなw

おk。わかったよ。俺が悪者になれば良いんだろ?

バイヴ・・・じゃなかったアポカリを抜刀してそっとみにさんに迫る。

ふふwこ奴め、火山の芋虫のようにスヤスヤ寝ておるワイw

ヴィィィィィン・・・・アポカリは弱めに振動を始める。

まるでその魔力が溢れだしているかのようっ・・・・!!!!

まずは肩へ

みに「あっ・・・ふぅんムニャムニャ」

一同「!!!!!」

次は足に

みに「ひゃぁん・・・らめぇムニャムニャ」

しんさん「ここここここれは!!!!!!!!!」

えるみな「肩や足ですらこの反応!!!!!!!!!!」

ほんだ「こっこれでもし・・・アソコに当てたら・・・!?」

オルフェ「どどどどどんgr君!下のスイッチをHiにしてみるんだ!!」

どんgr「でもそんな事したらみにさんが多分エロいこt・・・いやエラい事になるよ!?;;」

オルフェ「馬鹿野郎!!!圧倒的な攻撃力!それがアポカリなんだよ!!」

どんgr「圧倒的な・・・攻撃力・・・」

オルフェ「業を背負え!そうだ!暗黒騎士になるんだ!」

どんgr「暗黒・・・騎士・・・」

ヴィイイイイイイイイイイイイイイイイン!!!!!!!!!!!!!!!!!!

真の力を解放したアポカリは禍々しくその身をよじらせている。

こ・・・こんなものをもし股関に押し当てたら・・・?ゴクリ!!

ごめんミニさん・・・でも俺・・・暗黒だから!!!!

一気にブログでは書けない位置にアポカリを押し付ける

みにさん「あっ・・・ひゃああああんムニャムニャ」

一同「すごい破壊力だ!!」

みにさん「ああああんっやめてぇムニャムニャ」

すごい・・・みにさんの快感が俺にまで伝わってくる・・・

オルフェ「そう、それが暗黒騎士の持つアビブラッドウェポンさ!」

相手の快感を自分も吸収できる・・・だと!?

オルフェ「そうだ!これで君も一人前の暗黒騎士だ!おめでとう!」

しんさん「おめでとう!」

ほんだ「おめでとう!」

らんた「おめでとう!」

ラーファス「おめでとう!」

毒猫「-!」

りひと「おめでとう!」

えるみな「おめでとう!」


どんgr「ありがとう!!」


ってとこでガバっと目が覚めました。起きたららんたろが

ニヤニヤしながら俺にバイヴを押し当ててました。


夢オチ・・・だと!?









  1. 2008/09/15(月) 08:59:48|
  2. 私生活
  3. | コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。