タルはタルを殺さないZ

FF11蛇鯖で活動しているDongriの電波日記。 ヴァナでの活動からリアルまで無修正で垂れ流し。異色の闘病者。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どんgrさんが大変なのにお前らときたら

やれカンパニエだのやれナイズル武器フリーのアスカル〆だの

【私は英語が話せません】とtab変換で誤魔化して見たり

彼女と2人で学校の前の道を歩いてたのは、
もう地面に少し積もり始めるくらい雪が降ってた夕方
寒い上に時間も少し遅く、
あたりには人影もなくて誰も見てなかったから、
傘持ってない俺は、彼女の傘に入れてもらった
歩きながらの話題はなんとなく、”初めて”のこと
女の子に告白したのは彼女が初めて
女の子とデートしたのは彼女が初めて
女の子と1本の傘で雪の中歩くなんて、もちろん彼女が初めて
そんな話をしながら歩いてて突き当たったT字路、
横断歩道の赤信号で立ち止まったら、彼女は傘の下で俺の前にまわって、
俺の胸に手を添えて、それから、少し背伸びをした
「じゃ、女の子との”初めて”はぜんぶ私がもらう」
唇にリップクリームの味を残して離れた彼女の言葉が、経験者っぽかったから、
これからどんどん彼女好みの男にされてしまうのかな、とか
やっぱりこういうこと覚えるのは女の子の方が早いんだな、とか
血が上った頭で思わずいろいろ考えてしまって、気づいた
”さっき、男の子に告白されたのは俺が初めてって言ってなかったっけ?”
そしたら、真っ赤になって俯いた彼女の言葉には続きがあった
「だから、男の子との”初めて”はぜんぶあげる」

とかそういう萌えるコピペに自分を照らし合わせてはご満悦ですか!そうですか!


いやいや実はですね、こないだ胃潰瘍だって書いたじゃないすか?

で、内視鏡で調べた時に細胞も取って調べたんですよ。

んで昨日その結果が出たらしくて病院から「すぐ来て下さい。」とか言われたんですね。

んで行くじゃん?したら先生がさ「細胞を調べた結果・・・が見つかりました。」

どんgr「え?何が見つかったって?埋蔵金?」

医者「・・・細胞です。」

どんgr「単細胞?」

医者「ガン細胞です。」

医者「ガン細胞です。

医者「ガン細胞です。

看護婦「せーのっ!サンハイッ!!」


どんgr・医者「ガーーーーン

え?ちょまって?ガン?俺が?マジ?ガンってうそんwwwえ?パードゥン?

ねーよwwwwwwww

ね・・・ねーよwwww

ねぇよ・・・・;;

胃ガンだから・・・その・・・GガンならぬEガンとか名乗っちゃってもおkって事?wマジ?www

看護婦「せーのっ!サンハイッ!」

どんgr・医者「ま、胃っか^^;

医者「でもねぇ・・・アタシは何かの間違いなんじゃないかって思うのよ。」

どんgr「と、言いますと?」

医者「だって肉眼では確認できなかったわけでしょう?これ嘘じゃないかしら?」

どんgr「何かの間違いでガン細胞を何か他の細胞と見間違えてる・・・ってこと?」

医者「アタシそう思うのよねぇ・・・。」

どんgr「ねーよwwwwwwwwwwwwww」

医者「ですよねwwwwwwwwwwガンおめwwwwwwwwwwww」

どんgr「ぶっころすwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

医者「まぁアタシが知ってる超優秀な外科医紹介してやんから明日そこいってこいや。」

どんgr「そいつ顔に傷とかあったりする?」

医者「顔には無いけど脛に傷持ってる。」

どんgr「うはwwww訳ありブラックジャックktkrwwwwwwwwwwwwwwwwww」


ってことで今日は都心にあるでっかい病院に行ってきました!

ブラックジャック(以下BJ)「という訳ですどんgrさん。」

どんgr「なるほど。つまり胃がんだけなら早期発見って事で助かるけども

    他から転移してたらアウトってことすね。」

BJ「そうですね。ただまぁ検査してみないとなんとも言えませんが多分転移はないかと。」

どんgr「え?その根拠って?」

BJ「今日の自分の星座、めざましTVの占いで2位だったんですよね。」

どんgr「え?それお前の星座が2位でも意味なくね?」

BJ「あっそうか。」

どんgr「でもぶっちゃけ多分ガンですよね?」

BJ「多分・・・ネ」(ウインクするBJ)

どんgr「胃がんって結構やばいんすか?」

BJ「いや胃がんで死ぬとかねーしw」

どんgr「え?そうなの?」

BJ「つかがんとかで死ぬとかないからwwwww」

どんgr「え?マジすか?ww」

BJ「少なくとも俺の読んでる医者漫画で死んでるの見た事ないですねw」

どんgr「じゃ余裕っすねwwww」

BJ「余裕余裕wwww胃の2/3切り落とすけどwwwwwwwwwwww」

どんgr「なん・・・だと・・・!?」

BJ「あ、飯とか普通に食えるよwおkおkwww」

どんgr「え?じゃトンコツハリガネお替りだだだだだーっ!!は?」

BJ「大丈夫大丈夫。多分食いたいって思わなくなるから^^;」

どんgr「あの・・・ガンだったら手術はもう絶対しなきゃ駄目なんですか?」

BJ「うん。駄目だね。」

どんgr「その場合、絶対2/3切る?」

BJ「むしろ3/3落としてーもんwwww」

どんgr「・・・・・・」




と、いう訳でガンでした。

いや、正確には明後日の検査の結果次第なんですが、まぁほぼガンだろうと。

だって細胞検査でガン細胞でちゃってるからね。

いやぁ、まさかこの若さでガンになるとは思わなかったなぁ。

これ釣りじゃないからな?こんなつまらん釣りはしないぞw

まぁ死にはしないだろうけどさ多分・・・。

つかあれだろ?戦う相手がコリブリから病気に代わっただけだろ?マジ余裕だしwwww

仮に、仮にだよ?万が一、もう手の施しようが無い位にどこかのガンが進行していたとしても

俺の人生に悔いは無いね。(キリッAA)

いや勿論まだ死なないけどさ。ガンなんかで死んでたまるかっつーのw

死ぬときは腹上死って決めてんだよ馬鹿野郎w











スポンサーサイト
  1. 2008/10/28(火) 19:41:09|
  2. お知らせ
  3. | コメント:14
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。