タルはタルを殺さないZ

FF11蛇鯖で活動しているDongriの電波日記。 ヴァナでの活動からリアルまで無修正で垂れ流し。異色の闘病者。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いもうと。再び。

前回の更新・・・あに。のロマンティックが止まらないんですけど。

ふうむ。

柄にも無く、2回も読んでしまいました。

2度見、と言う方が正しいのか・・。

やはり病は人を変えるのでしょうか。


「だっ♪れっ♪かっ♪  ロマンティック とっ♪めっ♪てっ♪」
って歌いながら 前髪だけピンクに染めてたんですけど、
自分で止めに行ったほうが早いって気づいたんで、あにの様子を見に行こうかと。


先日、っていうか先週の金曜どんぐり家のばば様から
「そのもの、蒼き衣をまとい金色の野におりたつべし(ただの外泊)」という予言を頂いてから、あっ!というまに終わって
しまい、その間あに。を見かけたのはお風呂場のすりガラス越しで一瞬という
超レアキャラな感じだったので。

あに。のいる施設は一体どんな偽装食品を作ってるんだろうと、
日曜の夜に抜き打ち視察に行って来ました。


夜の9時まで面会可能なので、6時半頃電話してみると、
「秋葉だが?」

おかしーだろ。いい加減。

どうやら夜8時まで外泊許可が出ているとのことで徘徊していた様子。
きちんと車に収容し、病院方面へ。

「らうめんが食べたい」

これしか言えないんですかね、うちのあに。は。

というわけで病院の近くにあったつけ麺やへ。

そこは初めて食べるつけ麺で伊勢海老のダシ・・・。
熱血に接客されたけど、途中でお腹一杯な感じ。
もうむり・・、と思い隣のあに。を見ると、
「カウンターでつけ麺食ってるのにさっきより痩せてる!?」

本当に不思議な技をもってるあに。です。


そしていざ病院へ。

「めんかーーいですっか?」

「は?」

「めーんかい の ひっとは ここに〇▲□」


完全に外人です。
受付の方は完全に外の人でした。

あに。はその人の〇▲□を完全にヒアリングし「ここに記入しろ」と指示。


一抹の不安を抱えつついよいよ病室へ。

広場でテレビを見ているおじさん達がやたら温かい視線で迎えてくれた。
どうやら閉鎖病棟仲間だったらしい。

あに。のゾーンを開けると11階の窓からは都内の夜景が。
「東京タワーが見えるんだ」
と、あに。

本当だ。  東京タワーだ。

いつもと変わらないオレンジのタワー。
東京のおへそはこんなとこからもよく見えます。


全体的に薄暗いカーテンの仕切りの中で、夜の東京タワー見ながら
とりとめのない事を考える。

これからのこと、いままでのこと。

今まで一度もお会いした事は無いがよく知っているつもりだった 胃。
そいつが今まで想像すらしなかった形で自己主張している。

そりゃあ。 センチメンタルにもなるわな。
視察してみてよく分かったよ。


でも、このブログは実在していているわけで。
今はいもうと。が更新しているわけで。
それを読んでくれてる人がいるわけで。

あーあー♪あああああーあー♪

ほ。ほたるぅ。


文字って便利ですね。
世界で最もしたくないモノマネが手軽にできるし。

と、いうわけで頂いた地球儀のパズルも完成させてしまったわけだから
次回ロマンティックになるときは

「おなかが すくんだなぁ     どんぐり」
みたいな ためになるんだかなんないんだか、なとりとめのない文章をかいて
筆で書いて売り出そうぜ。


スポンサーサイト
  1. 2008/11/30(日) 23:49:35|
  2. 未分類
  3. | コメント:1

こころのかたち、ひとのかたち

これはひどい_edited-1

嘘みたいだろ?死んでるんだぜ・・これ。こんばんわどんgrです。

明日の午後までの外泊許可。今日も満喫してしまいました。

俺多分今までで一番リア充です。ひょっとしたらリア終になるやも知れんのでまぁいいよね?w

昨日はあよさんとばるす君と大塚にある「麺たつ」で至高の塩ラーメン食べてきました。

麺たつ塩

なんという透き通ったスープ・・・。にごりきったうちらには眩しすぎましたw

マジ超旨かったです。他にもあよさんにはエロ本2冊頂いたりDSのゲーム頂いたりと

もう頭が上がりません。流石イケメンです。

まぁもっともエロ本はちょっとぬるかったですね。そこは彼らしく無いと思いましたw

んで今日は銀座でご飯。おばんざい食い放題いってきました。

薄味で大変美味しゅうございました


今日の生まれたて

今日のなれの果て

これを見てくらさい。

上の写真と下の写真、どちらも同じ時間に同じ場所で知り合いと並んで撮った写真なんすけど

撮る人のイメージで全然違うんですね

同じ物を見てても捉えるイメージはまるで違うんだと思いました。

という事は色んな事柄っつーのは他人と完全に分かりあうことはできないんじゃないだろうかと

同じ感動や興奮を味わっているようで実は全然違う所で感動したり興奮しているのだとしたら

それなら友達、恋人と一緒に居る事に意味はあるのか?と

所詮他人は他人、人はどこまでいっても孤独なんではなかろうか?

しかしながら、その溝を埋める為に言葉や文字があるんだとするならば

俺は、知らぬうちに誰かと何かしらの感情、価値観を共有したいが為に

日々、徒然ているのかもしれない。

柄にも無くそんなことを考えたりもする一日でした。

  1. 2008/11/30(日) 01:42:56|
  2. 私生活
  3. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。